伏見蒲鉾

伏見のこだわり

美味しさの追求

素材の美味しさをいかした商品づくり素材の美味しさをいかした商品づくり私たち伏見蒲鉾は、厳選した良い原料を使用し、その原料を最大限にいかすことが美味しさへの第一歩と考えています。主原料である魚肉すり身はもとより、商品に使用する野菜も一番美味しい旬を求めて日本にとどまらず世界各国まで視野を広げています。時にはスケソウダラの本場であるアラスカにも足を運び、現状の確認を行います。

野菜加工室の設置野菜加工室の設置私たちは約30年前より野菜加工室を設置しています。揚げ蒲鉾に使用する野菜は野菜本来の味や風味を生かすため、収穫したままの状態で仕入れひとつひとつ吟味したものを使用しています。特に野菜は時期や産地によっても性格や特徴が異なりますので、長年培ったノウハウを生かし、しっかりと野菜の顔を見ながら商品に適した切り方、洗い方、使い方に工夫を凝らしています。

商品開発練り物の可能性を広げる商品開発伝承の味を守り続けると共に、私たちは「練り製品業界を活気づけたい」という願いを持って、「練り製品の新たな可能性に挑戦すること」を目指しています。この挑戦から生まれたカニ風味蒲鉾とチーズを渦巻状にした「チーズin」は30年以上お客様にご好評頂いている商品です。このほかにも、すり身に北海道産じゃがいもを練り込みツナとマヨネーズを包んだ「じゃがツナマヨ」など日々チャレンジ精神あふれる商品開発を続けています。

安心・安全の追求

HACCP管理システム採用HACCP管理システム採用私たちは、食品衛生工場における衛生管理手法の一つであるHACCP管理システムを採用し、安全な商品の提供を日々心がけています。使用する原材料は細菌検査・理化学検査を実施し、さらに製造段階でも異物がないかひとつひとつ手作業で検品を行ってから使用しています。また検査や分析などの検査項目を徹底することで確実な安全・安心の追求を行っています。

従業員教育による衛生管理HACCP管理システムにおいては施設設備の衛生管理に次いで従事者の衛生教育が重要とされています。私たちは、必要な教育と訓練を受けた従業員によって、定められた手順や方法が日常の製造過程において遵守されることが不可欠と考え、従業員の衛生に対する意識の向上や工場内のルールを社員に徹底させる環境作りに努めています。また問題点は会社全体で捉え、新たに規則を設ける、変更するなどの改善を日々行っています。

環境への配慮環境への配慮安全・安心な美味しい商品を提供することはもちろん、持続可能な循環型社会の形成に寄与し環境への配慮にも心がけています。工場では、使用する水の削減はもとより行政と公害防止協定を結ぶなどして独自の排水施設を設け、使用後の水は工場内で浄化しています。
またLED照明の利用等、電力の節減やリサイクルへの積極的な関与、廃棄物の低減化にも努めています。